HOME

商標権侵害対応センター
商標権の悩みを解決

商標権侵害の問題に直面したら

商標権の侵害の問題に対して相手のいいなりに手拍子に対応したのでは損をしたり、被害をさらに大きくしたりする可能性があります。商標権の侵害に対する警告の方法、実際に商標権者から商標権侵害であるとして警告を受けた場合の防御・対抗策なら商標権のプロである商標専門の弁理士にまずはご連絡下さい。

商標権侵害への警告

商標権の効力は登録商標と同じ商標のみならず、登録商標と類似する商標に及びます。

実務上は対比する商標同士の類否判断は高度の専門性を有するものです。
主観的に似ていると思ってもプロの目から見ると非類似と判断される場合もありますし、逆に類似する範囲内であると判断される場合もあります。

商標権侵害の警告を行う前に商標権の侵害行為があるのかどうかを慎重に確定する必要があります。商標登録のことならお気軽に相談下さい。

警告への対応対策

商標権を侵害するとして警告状が来た場合等、緊急の場合には遠慮なくご連絡下さい。善後策をまずは協議しましょう。

注意事項としては最初に事実関係を確定することが必要です。
商標権者側に思い違いがあるかも知れませんし、そもそも商標権侵害の事実もないかも知れません。

ただし、根拠なく商標権者からの警告を無視することは避けたいものです。
誠意のない対応は事態を悪化させる場合があります。